from Flickr

2015年1月12日月曜日

DELLの27インチ4KディスプレイP2715Qを買った

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

iMac Retina 5Kを導入してまもなく1ヶ月。
今までは三菱のRDT233WLMをMacBook Pro Retina 15インチ(Mid 2012)のサブモニタとして使っていましたが、iMacを導入したのでモニタも換えようということで...
デザイン、性能などを考えた結果、以下の3機種に絞って2週間ほど検討しました。

DELL U2715H:27インチ WQHD(2560x1440) IPS 6万5千円くらい
DELL U2515H:25インチ WQHD(2560x1440) IPS 4万円くらい
DELL P2715Q:27インチ 4K(3840x2160) IPS 5万8千円くらい

現在使っているモニタのサイズを考えるとU2515Hも良いなぁ...と思いつつも、横に並べるなら液晶サイズを揃えたいということで、最終的にP2715Qを選択。
U2715Hは狭額ですっきりとしていてデザイン的に気に入ってたけど、解像度と値段を見て除外。
(あと、iMac自体がベゼル太いから、同機種デュアルにしないなら狭額の意味無いか...と)

P2715Qは2014年12月28日発売で、コスパの良さから断続的に品切れ状態が続いていますが...
1/9の昼頃にAmazonを見ていたら、58092円 2/3入荷予定で注文できるようになったので即注文。
注文確認メールの後に送られてきた発送日変更メールで1/10発送に変わって、本日届いたという訳です。


大きいので今回も自転車(Escape R3 2015)とサイズ比較。
前回:iMac Retina 5Kを買った時


箱を開けると、ケーブル3本(電源ケーブル、DP-mDPケーブル、USB3.0ケーブル)、ドキュメント&ドライバの入ったディスク、色調やガンマなどの補正結果書、スタンド、ディスプレイ本体が入っていました。

iMacの横に良い感じに設置する作業(部屋が汚いので写真は省略)を終え、ケーブルのmDP側をiMacに、DP側をP2715Qに接続します。


問題なく4K 60Hzで接続完了!
ケーブル1本で出せるので素晴らしい!!
(RDT233WLMを使っていたときはmDP-DVIで接続していました)


OS X側の認識も問題なし。


解像度は1920x1080ではなく、2560x1440として設定。
(Optionを押しながら変更をクリックすると細かい解像度を選択できる画面になるのですが、5種から選択する画面でも真ん中を選ぶと2560x1440になります。)


そうすることで、iMac Retina 5Kと高さが揃うので、作業しやすくなります。

まだ数時間しか使っていませんが、感想&買う前に気になっていたこと→実際は... など何点か。

  • 届いた状態では、P2715Qがちょっと黄色っぽい気がする(iMac比)
  • アプリケーションによっては、iMac側からP2715Q側にウィンドウを持って行くと表示が荒れることがある(ウィンドウを非アクティブ→アクティブすると元に戻る)
  • アプリケーションによっては、P2715Q側でウィンドウを動かすと表示が荒れることがある(上記と同じで非アクティブ→アクティブで元に戻る)
  • P2715Qの解像度を「ディスプレイに最適」にすると上記2つの現象は発生しない
  • P2715Qの電源を切ると、iMac側はデュアル構成を解除する(P2715Q側に置いていたウィンドウは全部iMac側に移動させられる)
  • P2715Q側で開いていたウィンドウは、P2715Qの電源を入れるとP2715Q側に移動する(ウィンドウの位置は記憶している)
  • HDMI接続でFHD解像度の信号を入れると、画面いっぱいにスケールする(PS3を繋いだら画面ピッタリに拡大されました)
  • 画面いっぱいに拡大されたFHD映像は思ったよりぼけない(PS3を繋いで1.5mくらい離れて見た限りでは、それほど引き延ばされた感はしない)
  • 設定などのボタンは物理ボタンだから押しやすい(狭額タイプのタッチ式よりも安定)

とりあえずこのくらい。
他にも分かったことがあれば追記していきます。

追記
2560x1440の時にウィンドウの描画が荒れる問題、接続したまま再起動で発現しなくなりました。
Macの電源を入れたまま接続したり、解像度を変えたりすると起こる現象なのかも...

最後にD800に14-24mmで撮った写真を。(周りはトリムして落としてます...)


0 件のコメント: